返済は続けよう|家具付きの不動産を選ぶ|家具の種類も選べます
男の人

家具付きの不動産を選ぶ|家具の種類も選べます

返済は続けよう

外観

離婚後の住宅ローンはどうするか

離婚した場合、多くの場合、家を売却するものと思います。家を売却するときは、任意売却を行ないます。任意売却では、売却後もなお住宅ローンが残ってしまう場合も、分割払いで無理なく返済することができます。住宅ローンの残額よりも家の売却益のほうが大きい場合は、離婚時に夫婦で財産分与します。 任意売却ではなく競売をするという方法もありますが、競売は任意売却に比べてはるかにデメリットが大きいのでお勧めできません。具体的には、競売では物件が市場価格よりもかなり低い価格で売られてしまうため、なお多額の借金が残ることや、手元に一切資金が残せないこと、近所に知られてしまって精神的な負担がかかることなどです。任意売却ではこれらのデメリットは解決できます。任意売却には1ヶ月〜3ヶ月の期間がかかりますので、住宅ローンが払えなくなったり、離婚して家を売却する場合は早めに専門家に相談する必要があります。

任意売却にかかる費用

任意売却の費用(仲介手数料など)は、成功報酬なので、物件が売れた後に売却額から引かれます。そのため手持ち金がゼロでも行なえます。仲介手数料については宅地建物取引法という法律で一律に決められています。 任意売却は、不動産会社や弁護士にも依頼することができます。しかし、不動産会社や弁護士は、それぞれ不動産、法律の専門家ではありますが、必ずしも任意売却に精通しているとは限らないので、任意売却の専門家に依頼することがお勧めです。経験の浅い業者などに頼むと、時間切れになって競売に入ってしまったり希望価格で売れないこともあるようです。成功率を上げるためには、経験豊富で信頼できる業者に頼むことと、できるだけ早めに相談することです。 任意売却では、交渉によって引越し代や当面の生活費を捻出できる場合もあります。相談する時期が早ければ早いほどより良い解決ができる可能性が増えますので、離婚して家を手放す場合や住宅ローンが払えなくなったら、できるだけ早く相談することが望ましいです。